上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私のドジなお話をついでに・・・

この、7年の間に2回も6針を縫う怪我をしました。
こんな人、いませ~ん? byCOWCOW

注意!!!血に弱い方はお読みにならないでください。
7年前、風がまだ来て半年ほどの時。
部屋が板の間だったので、
風の足に悪いからカーペットを敷こうと
思った私。

カーペットを購入して、部屋の端から敷いていって、
余った部分をベッドの下に敷き込もうと考えたんです。

ベッドは引き出し付き。
マット、これが結構重いけど、横によけて・・・
ベッドを重いけど持ち上げて、足でカーペットを敷こうと
悪銭苦闘していたら・・・

板の間だったので、つるっとすべり、
私は、引き出しの木の部分に顎を強打。
すごい痛み、目から星がでるってこんな感じですね、きっとjumee☆faceA75
さらに、じ~んと痛みが増してきて、
う~と息ができないほどになり、うずくまると同時に
涙でてきました。

そして、ぽた・・・ぽた・・・
みるみるうちに、木に血の水たまりができてきました。
あまりに、強打しすぎて、顎の肉が割れました。

いつもはやんちゃの風も、
ただごとじゃない様子に、静かにそばに見ていました。

土曜日で休診だったので、救急へタクシーで向かい、
縫ってもらいました。

そのときの縫ってくれた先生の
「この傷で6針縫えるのは僕くらいだよ」
と言った得意そうな笑顔は今でも忘れられません。
(顔なので、傷が残らないために、細かく縫う方が
綺麗に仕上がるって)

そして、そして・・・
もう1回は~

美味しいトウモロコシを2本いただきました。
ゆでようとしたけれど、鍋に入らない。
茎を切ろうと、
左手にトウモロコシ、右手に包丁を持って、
右から左に包丁を振り、コン、コン、コンと木こりのように。

なぜ、まな板の上でしなかったか~
なぜなんでしょう?

1本目は成功!

2本目、なかなか切れず、
思いっきり振ったら、小指側の手首にコーン。
激痛とともに、またまた涙が・・・手書き風シリーズ32顔7
ぽた、ぽた。
流しは血の海。
骨が見えるくらい、ぱっかり切ってました。

タオルで押さえても血はなかなか止まらず、
やっとの思いで、タクシーを呼んで救急へ。
風と華鈴はご飯がまだでしたが、
そのまま、部屋へ置いて・・・

切った場所が場所なので、
「事情聴取させてください。」と。
「自殺未遂!?にしてはこんな向きで切りませんよね。」
脳外科医の医局長の先生がたまたまあいてて、
救急におりてきてくれたみたいで、
「どうやったら切れるの?」
もちろん、ちゃんと説明しました。
先生、苦笑いしてました。
珍しい人ですよね、私。
6針しっかり縫ってもらいました。


  怪我しちゃだめでちゅよ(左から、ルフィーちゃん、華楓、宙ちゃん)
  CA3A0081_convert_20100124204816.jpg


↓ここをプチッと押してね

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.01.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karin0331.blog28.fc2.com/tb.php/81-fcc46723
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。