上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
あるところに、とっても優しい夫婦が住んでいました。
ミルクパパとミルクママ。

ミルクママは「マスク」の映画を見て、ジャックラッセルというわんこを知り、
魅力にとりつかれ、どうしても一緒に暮らしたいと思いました。
一生懸命、ブリーダーを捜し、遠く遠くに1件のブリーダーを見つけました。
連絡を取って、ブリーダーさんといっぱいお話をし、
待って待って、やっとわんこが家にやってきました。
やってきたわんこは男の子。
D.J(ディージェイ)と名付けられ、甘いマスクをした、少し甘えん坊な
男の子に育ちました。

D.J君は年頃になり、お嫁さんをもらいました。
子どものうち、女の子が一緒に暮らすことになりました。
女の子は、ミルクと名付けられました。

         ミルクちゃん&D.J君
2005_02_12_dj.jpg


ミルクちゃんは、D.J君、ミルクパパとミルクママとその家族に囲まれて、
人にもわんこにもとっても優しく、活発な明るい子に育ちました。

ある日しつけ教室で、オーストラリアで産まれて日本にやってきた、
ラック君と出会いました。
ラック君の飼い主さん、ラックパパも優しくて、とっても広い心の方。
わんこのしつけに対しての心がけや人間性に、お互い惹かれた
ミルクパパ、ミルクママとラックパパは、ラック君とミルクちゃんを、
将来結婚させようと約束しました。
 
       ラック君
2005_02_12_laku.jpg


ミルクちゃんがお年頃になった頃、訓練所仲間のシュガーママが
「ミルクちゃんの子どもを欲しい」と思いました。
ミルクちゃんはラック君のおうちへお泊まりに行きました。

ミルクちゃんは2004年3月31日に4頭の赤ちゃんを産みました。
女の子ばかり4姉妹。

長女はラックパパのお友達のところに行きました。
mixのハビ君、ジャックラッセルのサラちゃんの末っ子として迎えられ、
レイラと名付けられました。

        ハビ君&レイラちゃん&サラちゃん
2005_02_12_ha-be-.jpg


四女は、一番ちっちゃく、ぶちゃいくな子に見えました。
シュガーママは、その子がどうしても気になり、
ウェリッシュコーギーのドリー君の妹として迎えました。
シュガーと名付けられました。

      ドリー君&シュガーちゃん
2005_02_12_dolee-.jpg

ラックパパのお友達は、mixのごまちゃんと暮らしていました。
決まってない子は2頭。どちらもとっても可愛い子。
悩んだ末に、体に白色の多い三女と一緒に暮らすことに決めました。
名前はルーシーと名付けられました。

      ルーシーちゃん&ごまちゃん
2005_02_12_goma.jpg


最後に残ったのが、二女の華鈴です。
「可愛くない子はシュガーママのところに行くから、
可愛い子だからね」と言ったミルクママの言葉が印象に残っています。
ラックパパは「一番可愛いと思う」と言ってくれました。
「残り物には福がある!」私にとってはほんと、大きな福でした。

      華鈴&風
2005_02_12_kaze.jpg

ちなみに、大きくなってシュガーは写真の通り、とても可愛い、
ジャンプ力抜群の美人さんになりましたが、
ほんとうに、産まれたばかりのときは額の白色が広くて、
ぶちゃいくだったそうです。(ミルクママ、シュガーママ談です笑


元気にそれぞれの家庭で、幸せに暮らしているミルキーボックスファミリー。
それぞれの飼い主さんとも仲良くさせてもらって、ほんと親戚以上です。
物語は華鈴の出産で、新たな展開に~
まだまだ、楽しく続いていきます・・・






スポンサーサイト
2009.11.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karin0331.blog28.fc2.com/tb.php/31-f0e13179
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。