上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
太陽の足は心配だったけど、
動き回るより安静にしていた方がよいと思い、
だんごちゃん達はもう少し我慢して~って車で待機。

しゅがママが
「検分行くよ」って連れてってくれて(へへっ、まるで子供だわ)
無事、ジャンピングの検分終了。

待ち時間、ラージクラスが走るのを見ていました。
裏跳び、裏跳び。
布トンネルの後、難しそうなスラロームの入口。
トンネルの入りも難しい箇所あり。
華鈴ぴっぴの動きが、今ひとつ読めないところが多々。
ハードル間が広かったり、もう、むずかし~

スタート位置につきました。
待たせるけど、華鈴ぴっぴは腰が浮いて今にも走り出しそう。
「スティ」って言えばいうほど、
早く走りたくなって、ハイになってきています・・・

スタートして、1本目のハードルは落下なし。
最初の裏飛びで、私の動きが止まってしまい、
華鈴ぴっぴの動きが止まり拒絶。

その後の難関、布トンネルの後のスラローム。
普通にまっすぐ向いて走ったら、スラの3本目から進入。
ここって、体を外に向けて押しておくべきでした。
スラの入りに失敗して、3回くらいやりなおしたかなぁ?
やり直していくうちに、先に進みたくてうずうずしてくる華鈴ぴっぴ。
「次!次!」ってハイになってきました。

久々のハイテンションののびのびした走りで、
ウォール障害の後のトンネル。
ここは手前の入り口の前を通って、逆トン。
「スルー」
早すぎて、しかも華鈴ぴっぴをひきつけていない指示。
指示どおり、見事、ベストスピードで手前の入り口へ突入。
失格ぅ~
だけど、とっても気持ちよかったです。
ハイになってる華鈴ぴっぴは退場途中も、
自分の前にあるハードル、全部跳びたいって、
ぴょんぴょん。
とってもご機嫌でした。


こんなハイスピードの華鈴ぴっぴとコースを完走できたらいいなぁ。
3度になって、コースも難しくなって、
ゆっくり押さえて走りがち。
1度を走っていた時みたいに、
のびのび走らせてあげられるハンドリングが
できるようになるのが、目標です。


さてさて、華鈴ぴっぴの出番は終了。
心配な太陽。
まずは華楓と友太を散歩に出してから、太陽と散歩。
しっぽは下がって、耳も後ろ。
朝ほどじゃないけど、ぴょこぴょこ歩き、右前足をつきません。

テントに連れて行って、
太陽を懐に抱っこして、りんさんに豚汁をいただき、←めちゃうまっ
カップそうめんを食べ、やっとお腹も落ち着きました。

太陽は、「何食べてんの~?」と顔を出して、ふんふん。
いつも寝るときは私にべったりくっついて寝る太陽。
あったかい懐がすっかり気に入ったみたいで、
眠り始めました。
風が出たり、雪が舞ったりして寒くなったけど、
太陽がお腹にいるから、私もあったかい
気持ちよさそうな寝顔に
「かわいい~甘えん坊だね」って大人気でした。


初めて褒められたよ~太陽。
みんなと一緒にいると、人は愛想のよい華楓や
きりっとしたジャックラッセルらしい友太に目がいって、
太陽はかわいいいって言ってもらったことは殆どありません。
華鈴ぴっぴに1番似てるけど、
お鼻がピンクだったり、体がでっかかったりで、
可愛いジャックラッセルにはだいぶ遠いもんね。
でも、そんな太陽だからこそ、かわいんだよぉ


しばらくして、太陽と歩くと
あれ?足ぴょこぴょこしていない~
最後には普通に歩いて、走ったり。
しっぽも上がり、ご機嫌太陽。
足は最初は痛かったのだろうけど、
その感覚が残ってて、しばらくは足をつかなかったみたい。

よかったぁ~
でも、太陽と友太の喧嘩はだんだんエスカレートしてきています。
家に帰ってからよく見ると、
友太の足にも傷が。
幸い二人ともたいしたことなかったけど、
もう、目が離せません。
気をつけないと・・・


     あたちはけんかしましぇんよぉ。でも、一番強いでちゅよ。by華楓
   CA3A0538.jpg




↓ここをプチッと押してくださいね
 にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011.02.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karin0331.blog28.fc2.com/tb.php/207-cb533f96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。