上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、太陽と友太は朝病院へ。
もうすぐ8ヶ月。
華鈴ぴっぴと華楓が女の子なので、去勢手術をしてきました。

去勢については、前立腺がんにならないとか、
マーキングをしなくなる、おとなしくなるとか
色々言う方がいますが、
???ってとこが多いです。

先日聞いたマーキングの話。
行きつけの獣医さんが
「女の子はマーキングはしません。
 散歩で3回以上しっこをしたら、尿路結石です」
と言われたそうです。
飼い主さんと二人で
「華鈴ぴっぴもするよぉ~3回以上ぉ」と大笑い。

「うち、3回以上しっこするんですけど」と言ったら
療養食にしなさいってことになるんでしょうか。
療養食は病院の安定した収入源ですしね。
薬ではないから害はないでしょうけど。
先生って名がつく人が言ったら、
なんでも信じちゃいますよねぇ。


去勢をしなくても、がんにもならず、
よい子もいっぱいいますが、
我が家の場合、
女の子がいるし、男の子が二人、
ということで、去勢をすることにしました。

ヒート中の女の子に対する、特に同犬種に対しての
本能はすごいものがあり、2歳で去勢した風ちんで経験済み。
親子で住んでいる方の話を聞いても、ヒート中は男の子は1週間以上も
ご飯を食べなかったり、鳴いたり。
ヒート中は完全別部屋にしているとのこと。

それに加えて、我が家は男の子二人。
最近は、友太も精神的に安定してきて、
理性がなくなるほどの喧嘩はしなくなり、
私が怒らなくても、自分たちで適当にやめているので
心配していませんが、
ヒート時になると、戦闘の危険性大ですし。


夕方、お迎えに行くと、
二人ともすっかり麻酔から覚めてました。
2時過ぎに手術は終わったそうで、
片方は足の付け根にあった太陽も、1ヶ所から摘出できたそうで、
3針縫ってました。
友太は4針。

傷がちょっと気にはなっていましたが、
なめ続ける訳ではないし、安静にしてお散歩はお休み。
華鈴ぴっぴと華楓で、散歩。
二人だけだととっても楽ちん
帰ってからご飯にしました。
太陽も友太も、完食。
元気そうで安心しました。
3日間抗生物質と消炎剤を1日2回服用し、
1週間後に抜糸です。


以前、風ちんの去勢手術をしたときは
別の病院で手術しました。
手術も方法が色々あるようです。
「自分の血管で縛ったので、アレルギーを起こしにくいですから」
って先生は自慢げにおっしゃって、3日分の薬をもらったけど、
麻酔に弱かったのか、風は車で2回も吐いて帰り道にすでに半泣き状態。

家に帰っても、まさか去勢手術したからっっておとなしすぎでしょ~
老犬のように動かず、情けない顔をしていて。
タマ○○は、血管での縛りが甘く、血が止まりきってなかったんでしょう。
3日たっても、野球ボールのようにふくらんで、
風は1週間はやんちゃもせず、じっとして元気がありませんでした。
物足りなく思うほどだったけど、1週間で
勘弁してってほど元にもどりましたが。
結局、抗生物質を追加で3日分もらい、普通の大きさになるまで、
1ヶ月はかかりました。


獣医さんにも色々な考え方があって、
その病院しか知らないと、正しい判断ができなくなることがあります。
患者側も人間も一緒ですが、正しい情報を選別し、
自分はもちろんですが、
自分の愛する者にも適切な医療を受けさせたいものです。


太陽、友太、今日は傷も気にすることなく、
元気に駆け回っています。
縫った後の傷の赤みもすっかり消えていて、
きれいです。
あとは、抜糸を待つだけ。
水に濡らせないから、しばらく、足洗ったりの時は
気をつけないとね。



      CA3A0380.jpg



↓ここをプチッと押してくださいね
 にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010.07.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karin0331.blog28.fc2.com/tb.php/163-d01ad18e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。